TOPスタッフ紹介 > 今泉 絢貴

スタッフ紹介

今泉 絢貴

出身大学(大学卒業年度)

徳島大学 (2014年卒業)

専門分野

周産期

資格

日本産科婦人科学会 専門医

医師

今泉 絢貴いまいずみ じゅんき

メッセージ

外来が苦手で、手術がしたいと思い、外科を目指して研修を行いました。一般外科の術式の多さや、どんなことにも対応できる素晴らしさ、整形外科・救急医の三次救急外傷患者の救えたときの感動、形成外科の傷の綺麗な縫合や神経縫合の緻密さなどいろいろな外科の良さに触れました。しかし、最も感動したのは産科でした。命の生まれる場所であり、出血が多く、救急の要素もあることにとても惹かれました。手術室にストレッチャーを押しながら走り込むような科はそれほど多くないと思います。
産婦人科の指導医の先生が「産科医ができることは本当に少しだけ。産婦さんの生む力と赤ちゃんの生まれる力を最大限にサポートして、足りないときに少しの手助けをしてあげる。この手助けがいつ必要になるかがわからないため、産科医がいる。元気な産声があがり、家族の幸せな声が聞こえる瞬間に立ち会ってこそ、産科医になってよかったと思えるよ」と教えられました。この小さな支えになれたらと思い、産婦人科医になりました。
確かに、忙しい、当直多いなど、産婦人科医になって後悔することもありました。しかし、それ以上の感動ややりがいを感じています。どこの科にいってもメリット・デメリットがあり、後悔することもあると思います。けどその後悔を越えるほどの感動を得られるのは産婦人科だと思います。もしまだ迷っているなら産婦人科もひとつの選択肢に加えてください。

ページトップへ戻る