TOPスタッフ紹介 > 香川 智洋

スタッフ紹介

香川 智洋

出身大学(大学卒業年度)

徳島大学医学部(2011年卒)

専門分野

婦人科腫瘍学

資格

日本産科婦人科学会 専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医師
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

医師(助教)

香川 智洋かがわ ともひろ

メッセージ

香川智洋と申します。徳島県の勝浦郡という、イノシシやシカが走り回っているような田舎で生まれ育ちました。大自然に囲まれて生活していたにもかかわらず、幼少期から(現在に至っても)家にこもりテレビゲームばかりしていました。おかげで視力が頗る悪く、キテレツ大百科の勉三さんのような眼鏡で矯正することを余儀なくされております。
2011年に徳島大学医学部医学科を卒業しました。私は学生時代より懇ろな勧誘をしていただいていたこともあり、早い段階で徳島大学病院産婦人科への入局を決めており、全く迷いはありませんでした。大学病院で2年間の研修を経て、四国中央病院、高松市民病院で研鑽を積み、現在再び大学病院で勤務させていただいております。現在は主に婦人科腫瘍外来(子宮がん検診、子宮頸部異形成のフォロー、がん治療後のフォローなどなど)を行う傍ら、婦人科腫瘍についての研究に従事しています。上級医のご指導のもと、子宮肉腫に対する新しい治療に関する検討を行っており、臨床とはまた違った面白さを日々感じています。
私生活につきましては、三度の飯よりテレビゲームが好きな私ですが、普段全くゲームをしない妻がひょんなことから私がやっていた『スプラトゥーン』というオンライン対戦ゲームにドはまりしてしまい、今やプレイ時間2000時間を超え、私より遥かに上位のヘビープレイヤーとなってしまいました。現在はNintendo switchを2台購入し、子供たちが寝静まった後で自宅リビングにて怒号を飛ばしあいながら世界中の猛者たちとの熱い闘いを毎晩繰り広げています。
入局してだいぶ経ちましたが、産婦人科は非常にやりがいのある分野であると年々感じています。産婦人科と言いましても、周産期、ヘルスケア、生殖医療、腫瘍などさらに細かい専門領域に分けられますが、『女性の一生について関わる』『尊い生命の誕生に携わる』『女性特有の悩みについてサポートする』ことができる分野であり、様々な魅力が詰まっています。将来の専門科について悩んでいる学生の皆様、初期研修医の先生方には産婦人科の魅力についてもっと知ってもらいたいと思っておりますので、是非一度見学にお越しください。お待ちしております。

ページトップへ戻る