TOP岩佐教授・専門医に聞く > AMH(卵巣予備能検査)とは?

岩佐教授・専門医に聞く

<第2回> さらに知りたい、不妊治療(回答:山本由理先生)

③ AMH(卵巣予備能検査)とは?

AMH(抗ミュラー管ホルモン)とは卵巣の予備能を示す検査です。
女性の卵巣には原子卵胞が胎生期に作られ、すでに生まれた時から減少していきます。
AMHは残っている卵子の量を反映するため卵巣予備能検査として用いられるようになってきました。加齢とともにAMH値は低下していきますが、同じ年齢でもばらつきが非常に大きく、正常値は設定できませんので正常異常と評価すべきものではありません。卵子の質は年齢に起因するものが大きいため、AMHが低くても受精卵ができれば年齢に応じた妊娠率が得られます。AMHが非常に低い場合は早発閉経となるリスクを考え、希望があれば早めの妊娠をおすすめします。

バックナンバー

ページトップへ戻る