TOP岩佐教授・専門医に聞く > 不妊治療でする採血で何がわかるの?(FSH、LH、E、P、hCG)

岩佐教授・専門医に聞く

<第2回> さらに知りたい、不妊治療(回答:山本由理先生)

② 不妊治療でする採血で何がわかるの?(FSH、LH、E、P、hCG)

ゴナドトロピン(LH,FSH)は脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンです。卵巣機能の指標、また排卵のタイミング(LHサージ)の指標としても有用な検査です。
E2(エストラジオール)は卵巣から分泌され、卵巣機能・卵胞発育の指標となります。
P4(プロゲステロン)は排卵後に卵巣から分泌され、排卵の有無や黄体機能の評価に有用です。
hCGは通常妊娠中に産生されるホルモンで、妊娠の早期診断と、自然流産や異所性妊娠といった妊娠初期によくみられる異常妊娠の診断にも有用です。

バックナンバー

ページトップへ戻る