TOP岩佐教授・専門医に聞く > ピルでどうして排卵がとまるの?

岩佐教授・専門医に聞く

<第2回> さらに知りたい、不妊治療(回答:山本由理先生)

① ピルでどうして排卵がとまるの?

ピルは女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを合成してできた錠剤です。
排卵は卵胞ホルモンの分泌がピークに達すると起こりますが、低用量ピルに卵胞ホルモンが含まれているため、卵巣での分泌をしなくてもよいと脳が判断し、排卵が起こらなくなります。排卵がおこらないため、子宮内膜が薄くなり月経の量が少なくなります。また黄体ホルモンの分泌量も減るため、月経痛や月経前特有の症状の改善にも繋がります。

バックナンバー

ページトップへ戻る