TOP > 研修医・学生の皆様へ > 各専門分野紹介 > 生殖生理班 桑原 章

各専門分野紹介

生殖生理班の治療は、大切な家族の命を医療で生み出す
大きなやりがいを感じることのできる高度で価値のある分野

徳島大学病院産科婦人科の生殖医学分野のひとつ、生殖生理班では不妊症の専門分野である『体外受精』を扱います。

精子と卵子を取り出し、体外で受精卵を育てる過程は「神に逆らう医学」と揶揄されたこともありました。ですが逆に言えば、それだけ高度で、特別な価値のある分野だと思います。何より、家族が増えることで人生の楽しみが増えるとしたら、そこには大きなやりがいを感じることもできるでしょう。

近年、体外受精の技術を応用した『着床前診断』が実用化されつつあります。体外受精させた受精卵の遺伝情報を検査することで、流産を避け、より確実な出産を可能にする最先端の医療の開発に触れることができるのも当医局の大きな魅力です。

内科領域から外科領域まで様々なことを学ぶことができるのは、産科婦人科での研修ならでは。

最近、研修医の前期研修で産科婦人科を選択する方は少なく、結果として産科婦人科を生涯の仕事とする医師は慢性的に不足の状態です。「産科婦人科はお産だけ?」という理由で敬遠されているように感じることが多くなりました。しかし、実際の産科婦人科ではがんも扱いますし、オペも行います。そして不妊症治療では、女性の内分泌に加えて、ヒトの誕生の前を扱う専門分野である『体外受精』が必須になっています。

研修医の方は、前期研修でぜひ産科婦人科を選択してみてください。そうすれば、内科領域から外科領域まで様々なことを学ぶことができ、体外受精にもきっと興味を持つことができるはずです。

ページトップへ戻る